Qラボ 九州しあわせ共創ラボ

all

#2 Beyond コロナ アイデアの種

コロナの影響がどこまで続くのかは不明ですが、今はwithコロナ時代で「どのような対応ができるのか」、そしてafterコロナ時代に向けて「どのように備えるべきか」の両方を皆が考え、その考えや行動を周囲に共有、拡散していくことが大切なのだと思います。
Qラボでは、実際に全国、世界で動き始めている事例をベースに、「どのようにしてコロナを乗り越えるのか」そのアイデを発信していきます。

第二弾は、『リアルコンテンツのデジタルトランスフォーメーション』の事例をご紹介します。

#リアルコンテンツのデジタルトランスフォーメーション

アイデア①「リモート接客による『おもてなし2.0』」

【事例】

  https://news.livedoor.com/article/detail/18117559/

【内容】
自治体からの休業要請によって大きな影響を被っている接客業が考案した新業態、ZOOM×キャバクラ=「ズムキャバ」です。アルコール飲料を片手にHP上で指名したキャストの女性(キャバ嬢)とカメラ越しに乾杯や会話を楽しむことができます。お酒はお互い個人持ち寄りでボトルを入れる必要もありません。

【ココがポイント!】

●リアルコミュニケーションのデジタルトランスフォーメーション!
●接遇やおもてなしの心は、オンラインでも本質的価値は変わらない!
テクノロジーの掛け合わせによる、本質価値の拡張!

【こんな兆しがありそうです】
With/Afterコロナの状況下でも、これまでどおりの行動が難しいことが想定されます。接客業に限らず、学習や習い事、フィットネス、カウンセリング、コンサルティングなど従来One of Themの中で展開してきたサービスもテクノロジーと掛け合わせることで、より個に寄り添ったサービスとして深化・進化していけるのではないでしょうか。

 

アイデア②「バーチャル交流広場」

【事例】


https://www.ouchide-bazar.com/

【内容】
オンラインで買い物・イベントステージ・ワークショップを楽しむオンラインイベントです。お店側は商品を売るだけでなく、来場者とライブ配信でコミュニケーションを取れたり、演奏会などのイベントステージやオンライン通話を用いたワークショップなど、オンライン上で“人と人とのふれあいを体験できる”企画です。

【ココがポイント!】

店舗/アーティスト、生活者、世間の「3方よし」をオンラインで実現!
生活者のオンラインコミュニケーショの場探しが加速!
バザーという機能にデジタルコミュニケーションが紐付く!

【こんな兆しがありそうです】
リアルを前提となっていた活動も、デジタル活用によってバーチャル展開することが出来そうです。例えば、エンタメ・飲食・購買の集合体であるテーマパークや、展示会など、オンラインで開催することで、売り上だけでなく、共感の拡大・向上、そして効果の可視化をすることが出来るかもしれません。

 

アイデア③「オンラインでも野外フェスはできる」

【事例】

http://www.rainbowdiscoclub.com/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010001-at_s-l22

【内容】
3月中旬、いち早く中止を発表した野外フェスです。チケット購入者への返金等の対応をしたうえで、開催中止を惜しむファンや、支援を望むファンの声を受け、開催予定であった日時に12時間にも及ぶ有料動画生配信のオンラインフェスを開催しました。
ZOOMによるバーチャルダンスフロアや、この日に向けてワクワクを作る、早割などの試みを行い、来年の開催に向けた、期待感を大きく醸成したようです。

【ココがポイント!】

野外フェスもオンラインで価値提供することが出来る!
オンライン配信の工夫次第で、そのフェスらしさも演出できる!
ただ中止にするのはNG、むしろ次回への期待感を高めるチャンス!

【こんな兆しがありそうです】
リアルにこだわらなくても、イベント参加を心待ちにしているファンの期待に寄り添えることができそうです。自粛状況下に限らず、さまざまな理由でフェスやイベントに参加したくてもできない人は多いと思います。フェスやイベントのオンライン配信は、参加したくてもできない人の受け皿になるのではないでしょうか。将来、フェスやイベントのバーチャル参加が一般的なコンテンツとなる日が来るかもしれません。

 

鶴田 尚揮

TEXT BY

Qラボ 研究員
鶴田 尚揮

2020年、九州博報堂一期生として入社。 コロナの影響で入社後即、在宅研修を経験した俗に言うリモート世代。(言いたいだけ。) 在宅の影響で片づけにはまり、絶賛断捨離中。 昔から地域の「楽しい」や人の「面白い」を見つけることが好きで、 Qラボでは、フェイスブックにて「新人研究員がいく福岡散歩」を連載。 九州にあふれる魅力を自分の目でキャッチし、いずれは九州の魅力ソムリエになるべく日々奮闘中。

Qアクション

− しあわせのための取り組み=Qアクションやイベントピックアップ −

Qアクション

− しあわせのための取り組み=Qアクションやイベントピックアップ −